ムダ毛 いじめ


main_top
今すぐチェック

ムダ毛のことでいじめを受けている場合にはどうする?

ムダ毛のことでこどもがいじめにあっていたら

子どもがムダ毛が生えていることでいじめを受けている場合は、親としてどう接してあげるべきでしょう。

今回は子どもがムダ毛のことでいじめられている場合に、親が取るべき行動について、ご紹介しましょう。

親ができること1:まずは話を聞く

ムダ毛のことで子どもがいじめられているような場合には、まず親が話を聞いてあげましょう。

子どもは素直にはいじめのことを話してくれません。

それは親のことを思っての場合も少なくありません。

最初に「いじめられていることは恥ずかしいことではない。いじめることは恥ずかしいことだ」という一般常識を教えてあげましょう。

子どもが話しやすい環境を作る為にも、真剣に2人だけで話し合える場を用意し、空気を作ってあげることも忘れずに。

最初は聞くことに徹します。

親ができること2:ムダ毛が生えるのは誰にでもあることを教えてあげる

次に、ムダ毛が生えるのは誰にでもあることで、それが濃い薄いという特徴も誰にでもあることだと教えてあげましょう。

つまり、何の異常でもないわけですね。

しかし、濃いことが女子としての心が芽生えている我が子にとって、受け入れがたい場合は、何らかの対処をしなければなりません。

ムダ毛の濃さが原因で友達にいじめられる経験は、長く続くと子どもの自尊心を傷つけます。
それには適切なケアがあるのだと教えてあげましょう。

親ができること3:ムダ毛との賢い付き合い方を教えてあげる

子どもが求めるような解決策を、大人ならではのアイデアを出して一緒に考えることが肝心です。

「ムダ毛は生えるものだから、悪口を言う子はほっときなさい!」では、何の解決にもなっていません。

子どもとしてはせいぜいムダ毛を隠すくらいしかアイデアがないでしょう。

そこで大人として、ムダ毛をシェービングする方法、脱毛する方法などを提案してあげましょう。

その上で、それぞれのケアについてメリット・デメリットを挙げて、教えてあげましょう。

子どもは自分の中に答えを持っています。

解決策として本当に求めているアドバイスができれば、子どもがコンプレックスを抱える前に対処できます。

最近では子どもの脱毛を行うサロンも出てきています。

部位は限られていますし、いくつか未成年ならではの注意点もあるので、そのことも含めて一緒に子どもと考えましょう。

親がきちんと子のムダ毛と向き合うことが大切です。

「そんなもん、誰にでも生えるでしょ!」と投げっぱなしにするのではなく、親として子がデリケートなムダ毛とどうやって付き合っていき、どう社会に溶け込んでいくのか対策を一緒に考えるのが得策です。

それでもいじめがやまない場合は、しかるべきところに相談し、子どもがのぞむことを第一に今後のことを話し合っていきましょうね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.