レーザー脱毛といえば、主に医療機関であるクリニックが扱う脱毛方法でお馴染みです。

脱毛効果は十分に期待できるものの、痛みが強い事でも知られます。

ではレーザー脱毛はどうして強い痛みを発するのでしょうか?

今回はこの辺について詳しく見ていきましょう。

・レーザー脱毛の気になる仕組み!

レーザー脱毛が強い痛みを生じるのは仕組みを知る事で分かります。

例えばレーザー脱毛の1つであるニードル脱毛は、その名の通り尖った細い針を毛穴の中に入れます。

実際には注射のように針を刺すわけではなく、あくまで毛穴に当てる程度とイメージすればOKです。

しかしニードル脱毛ではこの際、毛穴に微弱ながらに電流を流し、その電流によって毛根を破壊する行為が行われます。

正にこの際に強い痛みを生じるわけで、痛みは一瞬でも多くの人が苦手に感じてしまうわけですね。

また光脱毛におけるレーザー脱毛では、同じく毛根に強い光を照射します。

この際、黒いムダ毛が熱処理で除去される仕組みとなっていますが、照射時に一瞬ながら強い熱を発生させるわけです。

この熱が痛みとなって肌に伝わるため、レーザー脱毛は強い痛みを生じるようになっています。

・サロンにおける脱毛は痛みが少ない!

強い痛みを生じるレーザー脱毛は技術の観点から医療脱毛に分類されます。

一方のサロンで行う施術は、同じレーザー脱毛でも施術レベルの低いものとなるため、結果として痛みがかなり緩和されるわけですね。

またサロンでは施術の際にジェルを塗るなどして、部分的な痛みの緩和処置が施されます。

これが更なる痛みの緩和に繋がるため、痛みが気になる人はサロンで脱毛した方が無難です。

・サロンでの脱毛は格安!

またサロンにおける脱毛は全体的に安上がりとなっています。

これはサロン業界が価格競争の真っただ中にあるためで、多くのサロンがお得なキャンペーンを毎月実施しています。

中には0円でお試し体験を受けられるサロンもあるため、気になるサロンがあるならまずは気軽にサロンで脱毛してみましょう。

・痛みを生じやすい箇所の脱毛にはご用心!

ただしサロンと言っても中には痛みを生じやすい箇所があります。

例えばVIOラインは神経が多く通う場所であるため、痛みを生じやすくなっています。

また定番のワキパーツも他パーツと比べて痛みを強く感じやすくなっています。

同じく顔パーツも皮膚の薄さの関係で痛みを感じるパーツとなります。

たとえサロンと言っても、これらのパーツを脱毛する際は多少の痛みは覚悟の上で挑みましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.