脱毛効果を下げる行動


main_top
今すぐチェック

脱毛効果を下げる夏場のありがちな行動

脱毛効果を下げる夏場のありがちな行動

夏場についついやってしまいがちな行動で、脱毛効果を下げてしまう行動をピックアップしてみました。

参考にし、夏場に自分が同じようなことをしないように注意しましょう。

行動パターン1:汗だくでも日焼け止めを塗りなおさない

夏場に汗だくになると日焼け止めはすぐに流れて落ちてしまいますから、短時間の間に何度も塗りなおす必要があります。

それなのに日焼け止めを塗りなおさないと、どんどん日焼けしてしまいます。

夏場のレジャー時は、特に塗りなおす場所もなく、楽しいイベントも満載でなかなか日焼け止めを塗りなおすタイミングもないですよね。

しかし、夏場の強い日差しの中で日焼け止めを塗りなおさないと、当然ですがひどい日焼けをしてしまいます。

日焼けをすると脱毛効果が下がってしまうのは、みなさん承知の通りですよね?

それがわかっていても、特に友人と夏場レジャーに出かけているときには、集団行動の中でなかなか日焼け止めを塗りなおすタイミングを見つけられませんよね。

汗だくになったりすると、日焼け止めはどんどん流れ落ちます。

ですから、最低でも2~3時間おきには必ず日焼け止めを塗りなおすようにしましょうね。

タイミングが見つからないときは、車の中やトイレなどでもよいのです。

ささっと露出している部分に塗れるよう、ペーパー式で周りに飛び散りにくい日焼け止めなどを用意しておいてもよいでしょう。

行動パターン2:日焼け止めを適当にしか塗っていないところがある

夏場には体のあちこちを露出しますよね。

日焼け止めをそのすべてに塗らず、適当に塗っているところがある人は、思いがけない日焼けをしてしまい脱毛効果が下がる恐れがあります。

夏場に適当になりがちなのが、襟足やデコルテ、首筋、足の裏側や二の腕などです。

手が届きにくい部分や、目では見られない部分は、毎日日焼け止めをしっかり塗るのが難しい部分です。

人がいるときや家族が手伝ってくれるときは、塗りにくい個所は塗ってもらうとよいでしょう。

また、1人でも塗りやすく工夫を凝らすのが必要です。

化粧水と日焼け止めを混ぜてスプレーでかけたり、少しウォータリーなタイプの日焼け止めを使用するなどして、塗り拡げやすいよう工夫しましょう。

また、三面鏡を使うなどして見えにくい部分もなるべく目で見て日焼け止めを塗るようにするとよいでしょう。

行動パターン3:ゴミ捨てだけの場合は日焼け止めを塗らない

夏場は日差しが強いので、ちょっとした外出だからといって日焼け止め対策を怠ると、すぐにシミや日焼けの原因になります。

どんな外出があってもいいよう、毎日朝起きたらすぐに日焼け止めを塗るように習慣づけるとよいでしょう。

これらの行動は脱毛効果を下げてしまう恐れがあります。

脱毛効果を最大限受け、成功させる為にもこれらの行動をとらないように気を付けましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.