子ども わき毛


main_top
今すぐチェック

子どもにわき毛が生えてきたら親としてどうしてあげるべき?

子どものわき毛について親としてはどうするか

子どもの体が徐々に成長してきて、平均的には生理が始まって少し後くらいに生えてくるのがワキ毛ですね。

親としては子の成長の証しなのでほほえましいのですが、子どもとしては心が体の成長について行かず、周りの子とは違う体になるのを嫌がる場合もあります。

そこで今回は我が子にワキ毛が生えてきたら、最低限親がしてあげたいことをご紹介しましょう。

親がしてあげること1:ワキ毛について教えてあげる

まず大人になるステップとして、みんなの体に起こる変化であり、特別ではないことを教えてあげましょう。

基本的に全ての子どもが大人になる変化として、ワキに毛が生えるなどの変化を経験します。

ただし、ワキの毛は何かの役目を持ってはいません。

逆にワキ毛を処理しないことで、臭う原因になったりするので、極力清潔に保つ準備をしておく必要があります。

また、ワキ毛の生えている肌はとてもデリケートで、シェービングケアや毛抜きなどの間違ったケアを頻繁に続けていると、色素沈着が起きてしまい、取り返しがつかないことになる場合もあると教えてあげましょう。

親がしてあげること2:お洋服のチョイスを変える

次に、ワキの毛が生えてきたら、洋服のチョイスもそれを意識して変えていく必要があります。

これまでは何も気にせず半袖Tシャツを着ていた子も、ワキ毛が生えたくらいから七分袖くらいまでにしておけば、周りの子に変化を気づかれません。

プールがあるような時だけ処理するようにして、子どものデリケートなワキの肌を傷つけないように、ファッション面でカバーする方法も教えてあげましょう。

親がしてあげること3:ムダ毛処理の仕方を教えてあげる

最後にワキのムダ毛の適切な処理方法を親が教えてあげましょう。

電動シェーバーでのケアでひとまずは対処していくことになりますが、できれば脱毛についても子どもと話し合い始めたいもの。

最近では子どものムダ毛脱毛も一般的になってきました。

部位は限られますし、脱毛効果は大人と比べて少ない場合もありますが、ワキ毛を気にして内向的になるよりは、ムダ毛対策の1つの方法として有効です。

ワキの肌はデリケートなので、特に水泳などをしている子どもの場合、露出機会が多く、頻繁にワキ毛処理をしなければならないこともありますね。

そうなると、子どものデリケートなワキの肌に色素が沈着することがあります。

ワキが浅黒い肌になってしまうと、なかなか色が落ちません。

そうなる前に、シェービングケアをやめて脱毛するタイミングについても、子どもが大人になるまでに話し合える関係性を築いておきましょうね。

これらは最低限ですが、とても大事なことです。

子どもが対処もわからず悩みを抱えてしまう前に、親がワキのムダ毛と向き合い、子どもにもその姿を見せてあげることが重要です。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.