子ども デリケートゾーンの毛


main_top
今すぐチェック

子どもがデリケートゾーンの毛で悩んでいる場合はどうする?

子どものデリケートゾーンのムダ毛に悩んだときは

子どももいつまでも赤ちゃんや幼児ではありません。

心が成長すると共に、体も大人になっていきます。

その過程でどうしても「周りの子と違う」という瞬間が、どの子にも訪れます。

大人になった親にはわかりませんが、子ども達はどんどん成長していく体に心がついて行かない場合もあります。

そこで今回は子どもがデリケートゾーンの毛で悩んでいる場合にどのような手を差し伸べてあげるべきかについてお話しましょう。

両親にできること1:まずは話を聞く

まずは子どもがどういう悩みを抱えているのか具体的な話を聞きましょう。

例えば悩んでいる内容については大きく2パターンに分かれるでしょう。

1パターンとしては、子どもが1人で「どうして毛が生えるのか?」「周りと違う」と悩んでいるパターンで、まだ周りにばれていないか、いじめなどには合っていないパターンですね。

もう一方は、自分は成長の証しとして受け止めていたけれど、周りの子が違うことに気づき、ちゃかしたりいじめたりしてきた場合です。

どちらの場合も、具体的な話を聞けなければ解決できません。

子どもが親に話しやすい環境を作り、まずはゆっくりでも話すようにうながしましょう。

両親にできること2:デリケートゾーンの毛の話をしてあげる

次に、デリケートゾーンの毛の話をしてあげましょう。

場合によっては小学生高学年くらいで受ける保健体育の話とかぶる場合もありますね。

体がどんどん大人に近づいていくこと、タイミングは人それぞれであることを話してあげて、この変化が全ての人に起こることを話してあげましょう。

両親にできること3:一緒に対策を考える

最も大事なステップですが、一緒に今後の対策を考えましょう。

子どもが親に相談すると言うことは「どう対応すべきかわからない」からです。

大人の目線からすればできるアドバイスもあるので、一緒に子どもが満足いくような解決策を考えましょう。

例えば、自己処理の方法ですね。

水着などからはみ出る部分の処理の仕方や、他の人に見られて恥ずかしいような場所のムダ毛は何らかの方法で除去する手立てを考えなければなりません。

その選択肢の1つとして、少し年齢を重ねている場合は脱毛も考慮に入れてみると良いでしょう。

ホルモンバランスが落ち着かないと、なかなか子どものデリケートゾーン脱毛は引き受けてくれませんから、そのことも含めて子どもに話してあげると良いですね。

また、ムダ毛を隠せるような洋服やアイテムを揃えてあげることも対策の1つになるでしょう。

このステップで、子と一緒に親が考えて、一緒に答えを探していくのが良いでしょう。

親にも答えがなく、子にも答えがない問題です。

デリケートな問題なので、父親は挟まずにできれば女親のほうが話を聞いてあげるのが良いでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.