母の日 脱毛チケット


main_top
今すぐチェック

母の日に脱毛チケットをプレゼントもあり?

母の日に脱毛チケットをプレゼントもあり?

母の日は一年で一度、毎日お世話になるお母さんにプレゼントと感謝の気持ちを送る日ですね。

そんな母の日と言えば昔はカーネーションをあげるばかりでしたが、最近では様々なものが母の日のプレゼントとして贈られるようになりました。

実はそんな母の日に、ムダ毛を気にしているお母さんに脱毛をプレゼントするのも良いのですね。

まずは一緒に無料カウンセリングに行きましょう

お母さんと一緒に、まずは無料のカウンセリングに行きましょう。

母親世代はなかなか1人で脱毛サロンに出入りするのが恥ずかしいと思っていることから難しいです。

実際に脱毛の方式や料金がどのような施術の流れになるのかなど、若い世代よりもネットを駆使しないので知らないことも多いです。

そのため、まずは本当に脱毛したいかどうかを、本人来店で確かめなければなりません。

つまり、突然脱毛チケットをプレゼントするのはNGというわけですね。

急にチケットをもらっても、脱毛方式や痛みなどを知って、やっぱりやめたとなる場合があるからです。

カウンセリングに母親1人で通わせると、恥ずかしいのもあって早く帰りたがる人もいますから、ここは娘が一緒に母親を連れて来店しましょうね。

プレゼントは脱毛料金全額でも部位ごと回数ごとでも◎

プレゼントする脱毛チケットですが、無料カウンセリングで全身脱毛コースになったり、部位ごとのコースになることもあるでしょう。

サロンによって脱毛チケットという扱いではなく、ただ母親が契約して自分がお金を払うというやり方の場合もあります。

また、脱毛料金全額を支払ってプレゼントにするケースもあれば、一部だけを払ってあげたり、足脱毛だけをプレゼントしたりもいいですね。

3回分などの回数分だけをプレゼントすることもできます。

予算にもよるので、ここは要相談ですね。

予算がある場合、あらかじめ脱毛サロンの担当に話をしておき、予算を伝えておくとスムーズに提案してくれるでしょう。

例えば、予算が5,000円だった場合を例にとりましょうか。

「○○脱毛と○○脱毛は娘さんにプレゼントしてもらいましょう。○○脱毛だけお母様がご自分でというのもいいですね」と言ってもらうと予算内のプレゼントになりますよ。

一緒に通ってあげるだけでも十分な親孝行に

お金を支払うことだけでなく、脱毛チケットをあげることよりも何よりも、一緒に通う契約をすることも、十分な親孝行になります。

実際、母親世代は脱毛サロンに1人で行くのは恥ずかしくて嫌という人も少なくありません。

しかし脱毛には通いたい。

そんな時、娘と一緒に通えれば楽しい時間を過ごせるうえ、心強い気持ちでサロン通いができます。

一緒に通う際にカフェへ寄ったり、ショッピングすることも思い出になるでしょう。

このような思い出も、立派な母の日のプレゼントになりますよ。

まずは母親に脱毛したいか聞いてみると良いですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.