脱毛期間中の法事ではどんなことに気を付けるべき?

脱毛期間中に法事がある場合もありますよね。

その際にどんなことに気を付けるべきかをご紹介しましょう。

注意点1:きちんと日焼け止めを塗る

法事といえば寺の中でお経をあげてもらい、その後もだいたい屋内で過ごすというイメージが強い人もいますね。

しかし、寺によっては、駐車場からの距離が結構ある場合もありますし、寺の外回り廊下に屋根がなく、外の日差しに当たることもあります。

法事の間は、日傘をさしたりできませんし、黒い喪服を着ているので、UVカットカーディガンなども黒くなければ羽織れません。

フォーマルな場合には黒のカーディガンであっても無理でしょう。

露出部分を気にして過ごせないことの多い法事という場面で、うっかり日焼けして脱毛に悪影響を与えない為にも、きちんと日焼け止めを塗りましょう。

法事だからといって屋内と決めつけず、必ず日焼け止めを露出部分にはしっかり塗って参加するようにしましょう。

注意点2:夜更かしに注意

脱毛期間中の法事では、夜更かしに注意しましょう。

法事ですから、夜中までどんちゃん騒ぎをするようなことはありません。

しかし、以外にも夜更かしが急増しやすいんです。その理由は普段会えないような人の帰郷にあります。

または自分が帰郷している場合もありますね。

法事には、普段は遠くに住んでいたり、近くに住んでいてもなかなか会えないような人も集まります。

その為、羽目を外すようなことはなくても、夜遅くまで昔話に花が咲いたり、故人のことを語り合ったりすることがありますね。

特に通夜では近親者が故人の周りのお香を絶やさないようにするなど、場合によっては夜通し起きていることもあります。

もちろん、普段よりも親族などに気を使って、夜遅くに寝る羽目になる場合もあるでしょう。

しかし、最低でも7時間以上はきちんとした睡眠を摂り、体調とホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、脱毛効果も薄れ、体調も崩れてしまいます。

注意点3:栄養の偏りに注意

法事では、仕出しなどを弁当にしたり、食事にするなどして、普段とは違った食事をしなければならないこともありますね。

法事で出される仕出しには、質素な日本食が多く、嫌いなものが多い場合もあるでしょう。

嫌いな食べ物を避けて食べられるものだけを食べていると、もちろん栄養が偏ります。

法事期間中でも、野菜をきちんと摂るようにし、栄養が偏らないように注意しましょう。

栄養が偏ってしまうと、肌環境が悪くなり、脱毛効果が下がったり、脱毛後の肌トラブルのリスクが高まります。

これらの注意点に気を付けながら、脱毛期間中の法事には参加するようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.