IラインとOラインの脱毛


main_top
今すぐチェック

普段は見えないIラインとOラインも脱毛

デリケートゾーンのムダ毛の悩みはビキニラインだけではありません。

実はIラインやOラインと言われる部分もサロンで脱毛することが可能なのです。

IラインやOラインはなかなか馴染みのない名称ですが、Iラインは女性の性器の両側部分を指しており、Oラインは肛門周辺のことを指しています。

これらの箇所は自己処理をするのが大変難しい部分でもありますよね。

自分では見づらい上に、カミソリやピンセットでは手元が狂う可能性も十分に考えられます。

もしちょっとしたミスでケガをしてしまったら…?

病院にかかるのも恥ずかしいことですし、万が一怪我が大きいものだったら、日常生活にも支障が出てきてしまいます。

そんなIラインとOラインはサロンでムダ毛を脱毛するのがもっとも安全な方法と言えます。

サロンで脱毛するなら、プロがしっかりと脱毛箇所を確認しながら施術してくれますし、個人個人の悩みや希望に沿った脱毛を実現してくれます。

サロンによってIライン、Oラインの示す範囲は微妙な差がありますので、契約前にはどこまで脱毛することができるかきっちりと確認しておいてくださいね。

また、どのサロンも共通で「粘膜部分」の脱毛はできません。

IラインやOラインを脱毛する上で一番の不安な点といえば、自分ですらなかなか見えない部分をサロンのスタッフにどう見せるのかということでしょう。

そんな不安を払拭してもらうために、一般的なIラインやOラインを脱毛する際の服装や体勢を紹介しますと、まずIラインの場合、施術の前にはサロンで用意された紙パンツに履き替えることになります。

この紙パンツは無料のところもあれば、有料になっているところもあります。

上半身は着てきた服のままか、サロンからバスローブ等が提供される場合もあります。

着替えが終わったら、施術の台に寝て、片足を立てた後、横に倒して開くようにします。
もう片方の足は伸ばしたままか、同じように開いた状態となります。

性器が見えてしまう状態ではありますが、紙パンツをはいていることで恥ずかしさは和らぎます。

施術中は紙パンツを少しずらすようにしてマシンを当てていきます。

Oラインの方も、Iラインのように着替えを済ませてから台の上にうつ伏せに寝て、
お腹部分にタオル等を鋏、お尻が少し持ち上がるようにします。

施術の際にはエステティシャンが指でお尻を広げつつ進行してくれます。

サロンによってはOラインの場合には紙パンツがない場合もあります。

もっとも恥ずかしいのはOラインになるでしょうが、Oラインは他の場所よりも毛が少ない箇所ですから、施術時間はそれほど長くなりません。

ちなみに、施術中に感じる痛みについては、個人差はありますがIラインもOラインも、皮膚がデリケートな分痛みを感じやすくなっています。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.