脱毛期間中 痒みに注意!


main_top
今すぐチェック

脱毛期間中は寒さによる痒みにも注意!

香川県で脱毛期間中には、寒さによる痒みにも注意が必要です。

香川県の冬は寒い!

冬に寒いイメージが強い地域ではありませんが、香川県の冬は意外と寒いのです。

瀬戸内海に向き比較的温暖なイメージがありますが、やはり冬場になると寒いです。

特に平野部よりも山側のほうが寒く、山を登ったところでは海側よりも気温が下がります。

そんな寒い香川県の冬には、寒さによる痒みに注意が必要です。

寒さによる痒みは温度差が大きい地域で発生しやすいので、平野部、海沿い、山手側、高地で様々な気候と温度差がある香川県では、特に注意が必要です。

寒さによる痒みとは?

寒さによる痒みとは、寒さを感じることで肌が痒くなる一種の生理現象です。

蕁麻疹と違って、誰でも一度は経験したことのある症状で、病的な理由はありません。

肌と気温の温度差が大きく寒さを感じると、その刺激を「痒い」と脳が判断し、無意識のうちに掻き毟ってしまうのですね。

例えば熱いお風呂のお湯に浸かると痒く感じたり、かえって寒気がすることがありますね。

それらと同じ、脳の感じ方によって起こる現象です。

寒さによる痒みはなぜいけないの?

寒さによる痒み自体は脱毛に悪影響を及ぼしません。

痒みといっても、何かに対してアレルギー反応を発しているわけではありません。

ですからその痒みを感じるからといって、脱毛を受けるのに何か問題があるわけではありません。

しかし問題はその痒みの後にあります。

痒みを感じると、無意識のうちに手が伸びて、引っ掻いてしまうことがあります。

良くあるのが、ストーブなどに当たっていてふと見ると足を引っ掻いてしまってることがありますね。

これはストーブから離れる時の温度差によって、痒みが発生して起こります。

引っ掻いた部分は傷となり、場合によっては血が出てしまうこともあります。

傷を負っていては脱毛ができませんよね。

きちんと毛周期に合わせて通いたくても、この傷のせいで脱毛をキャンセルしなければならないこともあるのです。

どうやって予防すればいいの?

寒さによる痒み自体を予防するには、やはり普段からの保湿ケアが重要です。

万が一痒みを感じたら、引っ掻いてしまっても肌を傷つけないよう、室内でも薄手の手袋をしておいたり、肌を衣服でカバーし傷つけることがないよう厚手の服を着るなどの工夫をしましょう。

靴下のきついものだと痒みを感じやすいので、ゆるめの靴下を履く工夫も良いですね。

これらの工夫で寒さによる痒みを予防し、痒みを感じたら引っ掻かない、傷つけない工夫をしておきましょうね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.