出産後 脱毛を再開


main_top
今すぐチェック

出産後いつから脱毛を再開できるの?

妊娠中は脱毛を一旦お休みするようになりますが、出産後の授乳期を終えて脱毛再開をする人が多いようですね。

しかし、そうでなければ脱毛がうまくいかないというわけではなく、様々な理由があって、授乳終了後という時期からの再開が多いようです。

その理由は3点あります。

理由1:授乳時期は赤ちゃんと離れられないから

授乳期を終えて離乳食を脱し、大人と同じものが食べられるようになると、子どもを預けるのも楽になります。

授乳している間は、赤ちゃんとお母さんは離れられません。

ミルクを飲んでくれればいいのですが、母乳が一番ですし、母乳を好む子も多いです。母乳を飲む子にとっては、お母さんは食べ物を提供してくれる唯一の人ですから、離れてしまうと大変です。

その上、お母さん自体も授乳期は子どもから離れられません。

授乳時期には赤ちゃんの生活リズムに合わせて母乳を作る為、赤ちゃんがそばにいなくても時間が経つとおっぱいが張ってきます。

おっぱいが張ってくると胸は硬くなり、乳腺が張ってボコボコとしてきます。

場合によっては腕も上がらないほど痛くなり、それでも母乳を与えないと、乳腺が炎症を起こし乳腺炎となることもあるのです。

ですから、ママと子は長時間離れられないようになっているのです。

このような時期には脱毛に通うのも大変です。

我が子と長く離れられるのは母乳を終えて、食事を摂れるようになってからです。

それまでの授乳期に脱毛に通うのは難しいでしょう。

理由2:授乳時期はまだホルモンバランスが崩れやすいから

授乳している時期にはホルモンバランスがまだまだ安定していません。

そもそも母乳が出るということは、女性ホルモン値が普段とは異なることを示しています。

普段とは異なるホルモン状態で脱毛を受けても、思った通りの脱毛効果が出ない可能性が高いです。

このようなアンバランスな時期である授乳時期は、やはり脱毛に通うのに適してはいないのです。

授乳を終えてお乳が張らないくらいの時期にはホルモンバランスも整ってきているのでそれくらいに再開するのが良いでしょう。

理由3:夫も面倒を見られるようになり、通える時間ができる!

授乳を終えるくらいの時期には、これまで子育てに戸惑っていた父親も、どんどんパパとしての技術を身に付けています。

初めはオムツも替えられなかったパパが、オムツを替えるタイミングに替えられるようになり、子どもの欲しがっているものもわかるようになっています。

つまり、子どもを父親に預けることで、自分1人の時間ができるわけですね。

脱毛サロンによっては「赤ちゃんを連れてきてもいいですよ」と言ってくれるところもあるかもしれませんが、連れて行ってみると泣き止まず、落ち着いて脱毛を受けられない可能性もあります。

自分1人の時間もできてきた授乳終了後から復帰するお母さんが多いのはその為ですね。

出産後の再開時期を迷っている方は、これらの理由を参考にしながら、自分にとっていつからの再開が良いか考えましょう。

サロンで相談するのも良いですよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 香川県(高松市)@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.